清潔感と好感度が「デキる男」を演出!「デキる男」もやっぱり「見た目」「第一印象」が大事!                                       仕事で忙しいあなたに代わって「見た目アップ」のこだわりイ・ロ・ハをあなたにお届けします!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/02/18(水)09:36
今回も引き続きシーンはプレゼンでお話を進めます。

前回は、接続詞でメリハリをつけるでした。


これで、本番中は、言葉のヒゲも多少は減り、

「強調(抑揚)」するシーンの前に、

接続詞を投入すれば、聴衆の視線は、

あなたに釘付けは間違いなしです。


でも、あなたから少し待ったが聞こえてきそうです。


確かに、本番開始で、まずは元気のいい「みなさま」で勢いつけて、

会場を一番後ろの列からZを描く視線で見渡すように語る。

そして、大事な場面では、接続詞をうまく投入することで、

見た目も立派なプレゼンになるでしょう。

でも、肝心な体を使った立ち居ふるまいは・・・


現在配信中のこだわりは、「立ち居ふるまい」です。

ということは、立ち居ふるまいを意識した

内容の組み立て方に留意すれば言うことなしです。


せっかくのプレゼン機会ですから、

あなたの使える体も使いましょう。

それは、ズバリ指や手のひらです。

そうです「ハンドアクション」です。


プレゼンの内容の組み立て方では、次の3パターンが主流です。

・ホールパート法(情報量が多いとき)
 全体 → 部分 → 全体で話を進める。

・PREP法(強く勧めたい情報があるとき)
 結論 → 理由 → 事例 → 結論で話を進める。

・時系列法(時間軸で情報を伝えるとき)
 過去 → 現在 → 未来で話を進める。


それぞれどのパターンでプレゼンするにせよ、

紹介したい商品、あるいは話のポイントが3つあるとすれば、

まず、自分の指を使って、3本出します。

そして、1つめの商品説明では、指1本、

次は指2本・・・という具合に。

東京ドーム10個分の広さであれば、指10本という具合に。

5年前はこうでした。と過去を振り返るシーン、

月に3万円払うと1年で・・・というシーン、

以前は7割いましたが、最近は3割に・・・というシーンで。


結論はこうです。という説明では、

聴衆に手のひらを見せるようにスクリーンを指し示す。


あるいは、形や大きさも両手を使って・・・

ただし、あくまでもさりげなくが基本ですが。


★ さりげないハンドアクションが聴衆を引きつける ★


そうです。基本はさりげなくです。

あまりにも過剰すぎると、肝心のプレゼン内容そのものよりも

プレゼンターに関心が移り、

終わったあとに、今日のプレゼンターは・・・

という話題になってしまっては本末転倒ですから。


終わったあとに、今日のプレゼンの内容は・・・

であればOKですが。


★ さりげないハンドアクションが聴衆を引きつける ★



いかがでしたか。今日のこだわりは、

さりげなくハンドアクションを使うです。



それでは、次回は、

「携行品(小物)」についてのこだわりをお届けします。


自己演出は自分への自己投資と思って、

清潔感と爽やかさを第一優先に心がけていきましょう!


------■編集後記

現在は、IT化のおかげで視聴覚機器が手軽に使えるだけあって、

お洒落で、飽きさせない凝った内容のプレゼン花盛りです。

でも、効果あるプレゼンは、やはりプレゼンター次第です。

身だしなみには気をつけましょう。

なぜなら、聴衆は耳は忙しいが目は暇とも言われてますので。

穴があくほど見られている可能性もあります。

とりあえず、老婆心ながら・・・

快適生活通販ショップ「comfortpia」

快適生活を演出する快適生活なるほど情報
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://4scenesbacknum.blog81.fc2.com/tb.php/19-9e066dc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
メルマガ発行中!!

メルマガ登録・解除
 

4SCENES
気になるニュース

気になる天気

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。